×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恐怖の紹介ですね。

what's new

恐怖の紹介ですね。

恐怖

おれは殺される! 次に殺される! でも誰に? 静かで文化的な姥坂市で起きた連続殺人事件。
閨秀画家の絞殺にはじまった殺人犯の狙いはどうやら、町に住む文化人を皆殺しにすることらしい。
作家の村田勘市は、臆病な性格が災いして、次第に半狂乱に追い詰められていく。
犯人は何者か? 何のために殺すのか? 謎解きのサスペンスにくわえ、「恐怖とは何か?」という人間心理の奥底に鬼才・筒井康隆がせまる異色傑作ミステリー! 不気味な目次も必見です。
蹴鞠で遊んだ少年の日よ何処。
将軍足利家の後継者・三春丸と、その後見人である少年管領・細川勝元。
みずみずしい生命力に富むふたりを取りまく権力闘争の機略。
十五歳の少年に二十五歳のお妾を取らせる策略合戦。
出家を望む三春丸に仕掛けられた秘策が引きおこす花の御所の奇々怪々。
歴史的事実に大胆な創作を加えることで浮きあがる人間の真実を、破天荒に描く風太郎節益々快調! 表題作のほかに「室町の大予言」を収録。
両親、弟妹、祖父母に98歳になる曾祖母。
いまどき珍しい8人家族に嫁いだ法子を待っていたのは、緑あふれる広大な屋敷、何不自由ない暮らし、家族全員の歓待と、心の底から自分を大切にしてくれる夫だった。
しかし、近所で起きた心中事件に家族が関係しているという疑念を抱いた法子は、疑心の闇にはまっていく。
家族みんなが何か隠している。
そして私を殺そうとしている──これは私の妄想なの!? やがて暴かれる、呪われた血の絆で結ばれた家族の真実とは!?物情騒然たる明治初期。
新政府は首府東京の治安を求めて西郷隆盛に抜擢された川路利良大警視を筆頭に邏卒六千の警視庁を作り、いまその体制を着々と固めつつあった。
片や、その大警視をむこうにまわし、「ちょいとお上をからかって、田舎っぺえのポリス野郎の鼻をあかせてやろう」と、まことによからぬ一味がいる。
旧幕時代に十手取り縄を預かっていた神田三河町の半七、その手先冷や酒かん八。
元同心千羽兵四郎、そして黒幕に控えるのは、隅のご隠居こと元南町奉行の駒井相模守……。
参議広沢真臣暗殺、北海道開拓使黒田清隆の愛妾斬殺と次々に起きる大事件に、大警視川路利良対元南町奉行駒井相模守、いや警視庁対江戸町奉行所の知恵くらべは、ますます佳境に入ってとどまるところを知らない。
そしてこの対立に花を添えるキラ星のごとき「明治のスター」たち。
西郷隆盛、大久保利通、井上馨、伊藤博文、佐川官兵衛、乃木希典、三遊亭円朝、夏目漱石、幸田露伴、樋口一葉……。
西南戦争へ向かう歴史の流れを縦糸に、これは近代国家への道を急ぐ明治の裏面史でもある。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60016836