×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新版文章を書く技術

書きたいという気持ちはあっても、書き言葉に表現するのはやさしいことではない。
自身の感激や思想をいかにして文章に表現するか……書きコトバに内容を定着させる技術を身につけるため実際の技法を中心に解説する。
感動や思想さえあれば書けるというこれまでの常識を変え、“書くという技”を上達させる書。
星飛雄馬は、父に幼い頃から野球を厳しく仕込まれた。
「巨人軍という星座のどまん中で、ひときわでっかい明星となって光り輝け!」という父・一徹は、息子に自分の果たせなかった夢を託すのだった。
父の夢に応えるため、ピッチングの練習を続け、つらい特訓に何度もくじけそうになる飛雄馬だったが、高校球界きっての天才児といわれる王貞治と出会い、野球の素晴らしさを知る。
かつて、日本中を熱狂させた伝説の野球漫画、ついに登場!! 見よ!満点の夜空にひときわ輝く星を――。
父・一徹の期待を受け、青雲高校へと入学した飛雄馬は、野球部へ入り甲子園を目指す! 今こそ、大リーグ養成ギプスをはずし、飛雄馬が全力投球できる時が来た。
しかし、柔道部の主将・伴宙太は、野球部で注目を集める飛雄馬に異常な敵対心を燃やし、激しいしごきを浴びせるのだった。
一方、紅洋高に飛雄馬より一足早く入学した花形満は、天才的強打者として活躍していた。
青雲高校の野球部には飛雄馬の豪速球を受けられる捕手がいない… 落ち込む飛雄馬の前に、ただ一人飛雄馬の球を受けられた伴が捕手として名乗り出た。
そして迎えた花方満率いる紅洋高との対抗試合、二人の初舞台が訪れたが、伴はエラーを連発してしまう。
素人の宙太に恥をかかせた、と伴の父は怒り心頭、試合に逆転しなければ野球部は解散させられてしまうことに…!?PTA会長・伴の依頼を受け、青雲高校野球部の監督となった星一徹は、数々の教訓を残し、幻のように監督の座を去った。
だが、この監督の教えを胸に、青雲高校は、東京都予選でなみいる強敵をなぎ倒し、甲子園大会出場の栄誉に輝く。
一方、花形満率いる紅洋高校、左門豊作の熊本農林高校も甲子園出場を決めた。
ライバルたちは、待ちわびた飛雄馬との対決に、闘志を燃やす!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007820